JLPT文法分析

N2文法解説「~に限る」

N2文法解説「~に限る」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~に限る」の説明です。

 

用法

接続

V辞書形/Vない形/N+に限る

 

意味

  • ~が一番だ。
たのすけ
たのすけ
「絶対〇〇がいい!」と言いたい時に使います。

 

例文

  • 運動した後は、ビールに限る
  • 日本を観光するなら、京都に限る
  • ストレスがたまったときは、カラオケに行くに限る
  • 日本語が上手になるためには、日本人の恋人を作るに限る
  • 痩せたいときは、甘い物を食べないに限る
  • 貯金したいなら、無駄なものを買わないに限る

 

注意事項

  • 自分の考えや経験から主観的に述べるときに使う。

 

類似文型との違い

~に限って

  • 意味は、3つある。「①~は普段と違っている、②~のことが、他の運が悪いことに偶然重なる、③特別に信じている~だから、悪いことはないはずだ」

【参考】~に限って

たのすけ
たのすけ
用法が3つあるので、使い方を確認しておこう。

 

~に限り

  1. 意味は、「~だけは特別だ、例外だ」
  2. 硬い言い方で、公に説明する時に使う。(例)クーポン券をお持ちの方に限り、200円割引致します。

【参考】~に限り

 

~限り(は)

  1. 意味は、「~の状態が続いている間だけは、同じ状態が続く」
  2. 条件の意味を持ち、後件には「~できない/~わけがない/無理だ」など、不可能・否定・困難を表す表現が来る。(例)両親が許してくれない限りは、結婚できない。

【参考】~限り(は)

 

~に限り(では)

  1. 意味は、「~範囲について言えば」
  2. 後件には、「~ようだ/~そうだ/~はずだ」などの推量・判断や情報を表す文が来る。(例)私が知っている限りでは、部長は子供が2人いるはずだ。

【参考】~限り(では)

 

たのすけ
たのすけ
では!「~に限る」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村