JLPT文法分析

N3文法解説「~上に」

N3文法解説「~上に」
たのすけ
たのすけ
N3文法「~上に」の説明です。

 

用法

接続

普通形+上に
N‐n/である、なA‐な/である の形もある。

 

意味

  • ~だけでなく、さらにいいことや悪いことが重なる。
たのすけ
たのすけ
「~上に」を使うことで、評価を強調します。

 

例文

  • 鈴木さんは日本語の先生である上に、ピアノの先生でもある。
  • 田中さんは、ハンサムな上に、優しい。
  • 私の仕事は大変である上に、給料も高くない。
  • IPhoneは使いやすい上に、カメラの性能もいい。
  • 彼の家は狭い上に、ごみがたくさんあって汚い。
  • 家の中に食べるものがない上に、買うお金もない。
  • 有名な歌手に会えた上に、一緒に写真も撮ってもらった。

 

注意事項

  1. 前後には、「+と+」「-と-」の同じ評価の言葉が来る。(例)サイゼリヤは安い(+)上に、おいしい(+)。
  2. 「~上に」の「に」は省略することも可能。(例)この映画は長い、つまらない。
  3. 後件に、働きかけの文はこない。(例)仕事が忙しい上に、働きたくない。✕

 

類似文型との違い

~に加えて

  1. 意味は、「~だけでなく、さらに」(例)22時以降に食事すると、食事代に加えて、サービス料も払わなければならない。
  2. やや改まった表現。

【参考】~に加えて

 

~ばかりでなく…も

  1. 意味は、「~だけでなく、さらに…」。「~」には当たり前の事柄がくる。(例)お菓子ばかり食べていたら、太ったばかりでなく、顔にニキビたくさんできてしまった。
  2. やや改まった表現。

【参考】~ばかりでなく…も

 

たのすけ
たのすけ
では!「~上に」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村