JLPT文法分析

N3文法解説「~をきっかけに」

N3文法解説「~をきっかけに」
たのすけ
たのすけ
N3文法「~をきかっけに」の説明です。

 

用法

接続

N+をきっかけに
N+がきっかけで

たのすけ
たのすけ
「Nをきかっけにして」「Nをきっかけとして」という使い方もあります。

 

意味

  • それをするようになったのは、~だからだ
たのすけ
たのすけ
具体的な出来事(行動)を機会に、変わったときや発展したときに使います。

 

例文

  • K-POPアイドルをきっかけに、韓国語の勉強を始めた。
  • アニメをきっかけに、日本文化に興味を持った。
  • 大学の入学をきっかけに、一人暮らしを始めた。
  • 結婚をきっかけにして、家事をするようになった。
  • 外見がきっかけで、彼女を好きになった。
  • 友達に勧められたのがきっかけで、その本を読んでみた。
たのすけ
たのすけ
青いマーカーに注目!注意事項①を見てください。

 

注意事項

  1. 動詞を使いたいときは、「Vた形+の」を使う。(例)中国に旅行したのをきっかけに、中国の勉強を始めた。
  2. 前件と後件は、別の行為が来る。

 

類似文型との違い

~をけいきに(して)

  1. 硬めの表現。
  2. 時代や社会、人生の転換期となるような大きな出来事が来る。
  3. 「~をけいきに(して)」は、後件にプラスの表現が来るが、「~をきっかけに」はプラスでもマイナスでもよい。(例1)交通事故(〇をきっかけに ✕をけいきに)、車いすになってしまった。 (例2)社会人になったの(〇をきっかけに 〇をけいきに)、一人暮らしを始めた。

 

~をきに

  1. 「これまでの状態を変えるのに、ちょうどいい機会だ」というニュアンスを含む。
  2. 個人的なことに使われる。

(例)子供が生まれたのをきに、たばこをやめた。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~をきっけかに」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ