JLPT文法分析

N3文法解説「っけ」

n3文法解説「っけ」
たのすけ
たのすけ
N3文法「っけ」の説明です。使い方は2つあります。

 

用法①

接続

N/V/いA/なAの普通形+っけ

たのすけ
たのすけ
丁寧形に接続も可能です。(例)今日店長はお休みでしたっけ

 

意味

  • 相手に思い出したことを確認するときや質問するときに使う。
たのすけ
たのすけ
はっきりと覚えていないときに確認・質問するのに使います。

 

例文

  • あの人の名前何だっけ田中さんだっけ
  • 今日は金曜日だっけ
  • 明日は田中さんの誕生日じゃなかったっけ
  • 郵便局は学校から近かったっけ
  • ジャスティン・ビーバーは「Baby(ベイビー)」の曲が有名だっけ
  • 田中さん、昨日学校休んだっけ

 

注意事項

  1. 話し言葉でしか使わない。
  2. 語尾の「っけ」のイントネーションは上げる。
  3. 思い出したことを確認するので、動詞の場合は、過去形を使うことが多い。

 

用法②

接続

N/いA/なAの普通形+っけ

 

意味

  • 独り言で使う。
たのすけ
たのすけ
昔のことを思い出して回想しているときによく使います。

 

例文

  • 忘れてた!レポートの締め切りは明日だっけ。今からやらなきゃ!
  • 明日は7時に約束したっけ。早く寝よう。
  • 子供のころ、よくこの公園で遊んだっけ

 

注意事項

  • 話し言葉でしか使わない。
  • 語尾の「っけ」のイントネーションは下げる。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~っけ」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村