JLPT文法分析

N2文法解説「~とともに」

N3文法解説「~とともに」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~とともに」の説明です。 使い方は3つあります。

 

用法①

接続

N+とともに

 

意味

  • ~と一緒に
たのすけ
たのすけ
「~と一緒に」の書き言葉が、「~とともに」です。

 

例文

  • 田中さんとともに会議に出席した。
  • 家族とともにハワイへ行く予定だ。
  • 子供を育てるのは初めてだ。子供ととともに成長したい。

 

注意事項

  • 人や機関の名詞と一緒に使う。

 

用法②

接続

N+とともに
V辞書形/いA辞書形+とともに
Nである/なA~である+とともに

 

意味

  • ~と同時に
  • ~でもあり、…でもある
たのすけ
たのすけ
「~でもあり、…でもある」は二面性を表します。

 

例文

  • 彼は俳優であるとともに、歌手でもある。
  • 地震とともに津波が来た。
  • 娘が結婚するのは、嬉しいとともに寂しくもある。
  • 彼女は美人であるとともに、スタイルもいい。
  • 空が光るとともに、雷の音が鳴った。

 

用法③

接続

N/V辞書形+とともに

 

意味

  • ~が変化すると、…も変化する
たのすけ
たのすけ
自然な流れでの変化に使います。

 

例文

  • 春になるとともに、桜が咲き始めた。
  • 年を取るとともに、白髪が増えた。
  • 時間とともに、昔のことを忘れていく。
  • 車の増加とともに、事故が多くなった。

 

注意事項

  • 前件・後件とも、変化を表す言葉を使う。

 

類似文型との違い

~にともなって

【参考】~にともなって

 

~にしたがって

  1. 意味は同じで、「~が変化すると、…も変化する」
  2. 「~とともに」との違いは、「~にしたがって」は動詞の辞書形を使うことが多い。

【参考】~にしたがって

 

たのすけ
たのすけ
では!「~とともに」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村