JLPT文法分析

N2文法解説「~にともなって」

N2文法解説「~にともなって」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~にともなって」の説明です。 使い方は2つあります。

 

用法①

接続

N/V辞書形+にともなって

 

意味

  • ~が変化すると、…も変化する

 

例文

  • 人口の増加にともなって、環境問題が増えていった。
  • 時代の変化にともなって、人々の考えも変わる。
  • 科学の進歩にともなって、生活は便利になった。
  • 会社が大きくなるにともなって、社員の数も増えていった。
  • 娘は成長するにともなって、きれいになった。

 

注意事項

  • 「~にともなって」の書き言葉は「~にともない」
  • 前件も後件も変化する言葉を使う。

 

類似文型との違い

~とともに

【参考】~とともに

 

用法②

接続

N/V辞書形+にともなって

 

意味

  • ~と一緒に、…も起こる
たのすけ
たのすけ
ある事に付随して、起こることを表します。 前件の事がきっかけで、後件が起こります。

 

例文

  • 地震にともなって、津波も起こった。
  • 転勤にともなって住む場所も引っ越しした。
  • 日本人の女性は結婚にともなって、名字が変わる。
  • ABCデパート消費税が10%になるにともなって、セールをする予定だ。

 

注意事項

  • 「~にともなって」の書き言葉は「~にともない」

 

たのすけ
たのすけ
では!「~にともなって」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村