JLPT文法分析

N3文法解説「~つもり」

N3文法解説「~つもり」
たのすけ
たのすけ
N3文法「~つもり」の説明です。

 

用法

接続

Nの+つもり
Vた形/Vている形+つもり
いA/なA+つもり

 

意味

  • ~だと思っていたが、実際は…していなかった/そうではなかった
たのすけ
たのすけ
仮定の用法で、前件は実現していなかったり、事実ではないことを表します。

 

例文

  • 気持ちは20歳のつもりだが、体力は40歳だ。
  • 彼と恋人のつもりだったが、彼は私のことを友達だと思っているようだ。
  • かばんに財布を入れたつもりだったが、入っていなかった。
  • 友達にメールを送ったつもりだったが、送れていなかった。
  • 痩せているつもりだったが、体重が100kgもあった。
  • 若いつもりだが、足が痛くて歩けない。
  • 彼のことを好きじゃないつもりだったが、いつの間にか好きになっていた。

 

類似文型との違い

~つもり

  • 予定を表す。(例)将来、日本に留学するつもりだ。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~つもり」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村