JLPT文法分析

N2文法解説「~(か)と思うと/~(か)と思ったら」

N2文法解説「~(か)と思うと/~(か)と思ったら」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~(か)と思うと/~(か)と思ったら」の説明です。

 

用法

接続

Vた形+(か)と思うと/(か)と思ったら

 

意味

  • ~すると、すぐに
たのすけ
たのすけ
~の後、すぐに続いて次の出来事や大きな変化が起こることを表します。

 

例文

  • 赤ちゃんは寝たかと思うと、泣き出した。
  • 携帯電話のアラーム(緊急地震速報)が鳴ったかと思うと、大きい地震が来た。
  • 息子は勉強を始めたと思ったら、携帯電話でゲームを始めた。
  • 空が光ったかと思ったら、大きい雷が鳴った。
  • 突然大雨が降ったと思ったら、もう止んでしまった。

 

注意事項

  1. 話し手の自分のことには使えない。
  2. 後件は、少し意外性のある内容で、話し手が不思議に思って注目する様子を表す。意外な発見や驚きを表す。

 

類似文型との違い

~たとたん

  • 「AたとたんB」は、Aが引き金でBが起こるという表現。
  • 「~(か)と思うと」は、自分のことには使えないが、「~とたん…」は自分のことに使える。(例)立った(〇とたん ✕かと思うと)、めまいがした。(自分のことなので、「~かと思うと」は✕)

【参考】~たとたん

 

たのすけ
たのすけ
では!「~(か)と思うと/~(か)と思ったら」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村