JLPT文法分析

N2文法解説「~てでも」

N2文法解説「~てでも」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~てでも」の説明です。

 

用法

接続

Vて形+でも

 

意味

  • 普通はしないような手段を使う覚悟で、〇〇する。
たのすけ
たのすけ
実現するために、「極端な手段を用いるのもためらわない」という強い気持ちを表します。

 

例文

  • 100万円払ってでも、好きな俳優とデートしたい。
  • 仕事を休んででも、嵐のコンサートに行きたい。
  • 熱があるが、無理してでも試合に出たい。
  • 予定をキャンセルしてでもパーティーに行く。
  • 何としてでも彼と付き合いたい。
  • 仕事を休むわけにはいかない。這ってでも仕事へ行く。
たのすけ
たのすけ
「無理してでも」「何としてでも」でよく使います。

 

注意事項

  1. 極端な手段を表す動詞につく。
  2. 後には、話者の希望や意向を表す文が来る。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~てでも」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村