JLPT文法分析

N3文法解説「~によって」

N3文法解説「~によって」
たのすけ
たのすけ
N3文法「~によって」の説明です。「~によって」は意味が複数あります。

 

用法①(原因・理由)

接続

N+によって/による/により

 

意味

  • ~が原因で、ある結果になる。

 

例文

  • 地震によって人が亡くなった。
  • によって電車が止まって、学校に遅刻してしまった。
  • 音楽を聞きながら自転車を運転するのは、法律によって禁止されている。
  • 最近、バイクによる事故が増えている。
  • によりサッカーの試合が中止になった。

 

用法②(手段・方法)

接続

N+によって/による/により

 

例文

  • インターネットによっていろいろな情報が簡単に手に入る。
  • プレースメントテストによってクラスを決める。
  • JLPTの結果は葉書によりお知らせします。

 

注意事項

  • 日常的な道具など(電話、ペン、電車)を個人的に使う場合は「で」を使う。 (例)ペン(✕によって 〇で)手紙を書く。

 

用法③(受け身の動作主)

接続

N+によって

 

例文

  • 電話はベルによって発明された。
  • アメリカ大陸はコロンブスによって発見された。
  • 「ハリーポッター」はJ.K.ローリングによって書かれた。
  • この絵は有名な画家によって描かれた。

 

注意事項

  • 「~によって」を使うのは、動作主が有名な人の場合。
  • 何かを生み出す動詞のときは、「に」は使えず「によって」を使う。 (例)書く、作る、設計する

 

用法④(場合・それぞれ~)

接続

N+によって/による/により/によっては

 

意味

  • 場合で/それぞれ~違う。

 

例文

  • によって言葉が違う。
  • によって考え方が異なる。
  • 文化はによって違うので、おもしろい。
  • 気温によって服装を変える。

 

用法⑤(根拠・よりどころ)

接続

N+によって/により/による

意味

  • それを根拠・よりどころにして~。

 

例文

  • 明日の試合は天気によって行うかどうか決める。
  • 先生の指導によってN2に合格することができた。
  • レポートよりも出席率により成績を決める。
  • 恒例によって会議の後には飲み会がある。
たのすけ
たのすけ
「恒例によって」は慣用句で、「いつものように」という意味です。

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~によって」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村