JLPT文法分析

N2文法解説「~つつ(も)」

N2文法解説「~つつ(も)」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~つつ(も)」の説明です。

 

用法

接続

Vます形+つつ(も)

たのすけ
たのすけ
「~つつ」よりも「~つつも」のほうが、逆説の意味が強くなります。

 

意味

  • ~ているけれども。
たのすけ
たのすけ
この文法は、心の動きと行動が違っているときに使います。

 

例文

  • つまらないと思いつつ、ずっとテレビを見てしまった。
  • 体に悪いと知りつつも、お酒をやめられない。
  • 息子は起きると言いつつ、なかなか起きてこない。
  • 姉はダイエットしていると言いつつも、お菓子ばかり食べている。
  • 勉強しようと思いつつ、やる気が出ない。
  • よくないと知りつつ、人が見ていないとき、赤信号を渡ってしまう。

 

注意事項

  1. 前後の主語は同じ。
  2. 心の動きや言語活動に関係する動詞につく。 (例)思う、知る、信じる、言う、あきらめる

 

類似文型との違い

~つつ

  • 意味は同時進行。 (例)テレビを見つつ、ごはんを食べる。
  • 「~ながら」よりも書き言葉的。

 

~ながら(も)

  • 「~ながら」よりも、「~つつ(も)」のほうが、話し手の不満は少ない。

【参考】~ながら(も)

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~つつ(も)」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村