JLPT文法分析

N2文法解説「~ものの/~とはいうものの」

N2文法解説「~ものの/~とはいうものの」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~ものの/~とはいうものの」の説明です。

 

用法

接続

V・A普通形+ものの *なA~だ→~な/~である
N普通形・なA~だとはいうものの

 

意味

  • ~なのは確かだが、・・・。
たのすけ
たのすけ
~は事実だけど、その事実から予想されることが起こらないときに使います。

 

例文

  • 大学を卒業したものの、就職できない人が多い。
  • レポートの締め切りは今日だ。レポートを今日中に出すとは言ったものの、終わりそうにない。
  • 今日は寒いものの、コートを着なくても大丈夫だ。
  • 値段は安いものの、質はいい。
  • お正月は家族が集まってにぎやかなものの、料理や掃除など忙しい。
  • 4月とはいうものの、まだ暖かくない。
  • 学生とはいうものの、アルバイトばかりしている。

 

注意事項

  1. 事実や確実性が高いことにつく。
  2. 後件には、予想されることと違うことや、問題がある意味の文が来る。働きかけの文は来ない。
  3. 「~とはいうものの」は、一般に考えられることと実際が違う時に使うことが多い。

 

類似文型との違い

~とはいえども

  • 意味は「たとえ/いくら~でも」 (例)田中さんを知っているといえども、1回話しただけだ。

 

~とはいえ…

  • 意味は「~だが、それでもやはり…だ」 (例)駅から近いとはいえ、家賃20万円は高い。

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~ものの/~とはいうものの」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村