JLPT文法分析

N2文法解説「~といったら」

N2文法解説「~といったら」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~といったら」の説明です。

 

用法

接続

N+といったら
A/なA~な+ことといったら

 

意味

  • 〇〇の程度が普通でないことを強調する。
たのすけ
たのすけ
特に、驚き・感動・失望などを強調したいときに使います。

 

例文

  • あのケーキのおいしさといったら、言葉で説明できないほどだ。
  • 先週の忙しさといったら、目が回るほどだった。
  • 東京の朝の電車といったら、人が多すぎて動けないほどだ。
  • 「リング」の映画の怖いことといったら、もう見たくないぐらいだ。
  • 息子の元気なことといったら、遊んでいるおもちゃを壊すぐらいだ。
  • 妹のにぎやかなことといったら、いつも何か話しているほどだ。
たのすけ
たのすけ
「~といったら/ことといったら」は 程度を強調する意味があるので、文末に「ほど」「ぐらい」がつくことが多いです。

 

注意事項

  1. 会話のときは、省略する場合も多い。 (例)あのケーキのおいしさといったら
  2. 後件には、普通ではない程度だという意味の文、驚きを表す文が来る。

 

類似文型との違い

~たるや

  • 意味は「~といったら」と同じ。 (例)東京の朝の電車(〇といったら 〇たるや)、人が多すぎて動けないほどだ。
  • 「~といったら」との違いは、「~たるや」のほうが文語的で、大げさな表現になる。

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~といったら」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村