JLPT文法分析

N2文法解説「~というと/~といえば/~といったら」

N2文法解説「~というと/~といえば/~といったら」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~というと/~といえば/~といったら」の説明です。

 

用法

接続

普通形+というと/といえば/といったら

 

意味

  • ~という言葉からすぐに思いつくことを言う。

 

例文

  • 日本料理というと、寿司が一番有名だ。
  • というと、花見だ。
  • 世界で有名な歌手といえば、ジャスティンビーバーだ。
  • A:田中先生、結婚したんだって。 B:結婚といえば、今度姉が結婚するんだ。
  • 人気があるアニメといったら、ワンピースだ。
  • A:今度、ベトナムへ行くんだ。 B:いいなぁ。ベトナムっていったら、部長の奥さん、べトナム人なんだって。
たのすけ
たのすけ
青いマーカーに注目!注意事項①を見てください。

 

注意事項

  1. 会話では「と」が「って」になる場合もある。
  2. 3つの中で「~といったら」が一番話し言葉的。
  3. 基本的に3つとも置き換えが可能だが、典型的・代表的なものでなく、その人・ものについて言うときは、「~といえば」しか使えない。 (例1)日本料理(〇というと 〇といえば 〇といったら)、寿司が一番有名だ。 (例2)A:田中さん、どこにいますか。 B:田中さん(✕というと 〇といえば ✕といったら)、さっき帰りましたよ。

 

類似文型との違い

~といっても

  • 意味は「~というけれども、実際は」 (例)日本語が話せるといっても、挨拶ぐらいだ。

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~というと/~といえば/~といったら」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村