JLPT文法分析

N2文法解説「~だけ(のことは)ある」

N2文法解説「~だけのことはある」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~だけ(のことは)ある」の説明です。

 

用法

接続

N・V/A普通形+だけ(のことはあ)ある *なA~だ→な

 

意味

  • ~から期待されるとおりだ/~ということにふさわしい。
たのすけ
たのすけ
「さすが、確かに、なるほど、やはり」などの感心したり、納得したりする気持ちがあります。

 

例文

  • 田中さんは英語が上手だ。アメリカに留学していただけのことはある
  • 日本に5年住んでいるだけあって、日本語が上手だ。
  • このレストランは高いだけあって、料理もおいしいし、サービスもいいし、雰囲気もいい。
  • このレストランは有名なだけあって、お客さんが多い。
  • 英語の先生だけあって、発音がきれいだ。
  • このホテルはサービスがすばらしい。5つ星ホテルだけのことはある

 

注意事項

  1. 後件には評価の高いことことを表す文が来る。マイナスのことにはつきにくい。 (例1)〇たくさん勉強しただけあって、N2に〇合格した。 (例2)あまり勉強しなかっただけあって、合格しなかった。
  2. 未来や推量を表す文は来ない。 (例)今日は寒くいだけあって、雪が降ると思います。
  3. 後件に重点が置かれる。

 

類似文型との違い

~だけに

  • 意味は「~ので、それにふさわしく」。
  • 「~だけに」との違いは、「~だけに」は前件に重点が置かれるが、「~だけ(のことは)あって」は後件に重点が置かれる。 (例1)日本に5年住んでいるだけあって、日本が上手だ。←言いたいことは、「日本語が上手」であること。 (例2)日本に10年住んでいるだけに、日本語が上手だ。←日本語が上手なのは、「日本に10年住んでいるからだ」と言いたい。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~だけ(のことは)ある」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村