JLPT文法分析

N2文法解説「~わりに(は)」

N2文法解説「~わりには」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~わりに(は)」の説明です。

 

用法

接続

Nの・V/A普通形+わりに(は) *なA~だ→~な/~である

 

意味

  • ~という基準から考えられる程度と違っている。
たのすけ
たのすけ
基準と実際が不釣り合いな様子を客観的に述べます。

 

例文

  • 勉強したわりには、テストができなかった。
  • この料理は冷蔵庫にある食べ物で作ったわりには、おいしくできた。
  • このパソコンは値段が高いわりには、よくない。
  • このレストランは有名なわりに、お客さんが少ない。
  • あの人は年齢のわりに、若く見える/歳を取って見える。
  • おじいさんは病気のわりには、元気だ。

 

注意事項

  1. 硬い文ではあまり使わない。
  2. プラス評価でもマイナス評価でも使える。
  3. 意味や程度にある程度幅がある言葉につく。(例)値段・年齢・若い・心配する

 

類似文型との違い

~わりに/~わりと

  • 意味は「ある状況と予想されることを比較すれば」 (例)初めて食べたけど、わりとおいしいね。

 

~にしては

  • 意味は「~という事実・基準から考えると予想外だ」
  • 「~にしては」と「~わにりは」との違いは、「~にしては」は具体的な言葉につくが、「~わりには」は幅のある言葉につく。 (例)値段(〇のわりには ✕にしては)、おいしくない。←「値段」は幅があるので、「~にしては」は違和感。「~にしては」を使う場合は、1,000円などの具体的な言葉にする。

【参考】~にしては

 

たのすけ
たのすけ
では!「~わりに(は)」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村