JLPT文法分析

N2文法解説「~にしては」

N2文法解説「~にしては」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~にしては」の説明です。

 

用法

接続

N・V/A普通形+にしては *なA~だ→~である、N~だ→~である

 

意味

  • ~という事実・基準から考えると、予想外だ。
たのすけ
たのすけ
予想した結果と違ったときなど、意外な気持ちを表します。

 

例文

  • N2に合格したにしては、うれしそうじゃない。
  • 日本に10年住んでいるにしては、日本語があまり話せない。
  • このハンバーグ、500円にしてはおいしい。
  • 12月にしては暖かい。
  • 90歳にしては元気だ。

 

注意事項

  1. 自分にはほとんど使わない。
  2. 幅がなく、ある特定のことにつくことが多い。(例)1月、1000円、20歳

 

類似文型との違い

~わりに(は)

  • 意味は「~という基準から考えられる程度と違っている」 (例)勉強したわりにはテストができなかった。
  • 「~わりに(は)」との違いは、「~にしては」は具体的な言葉につく。 (例1)値段(✕にしては 〇のわりには)おいしくない。 (例2)このハンバーグ、500円(〇にしては 〇のわりには)おいしい。

【参考】~わりに(は)

 

たのすけ
たのすけ
では!「~にしては」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村