JLPT文法分析

N3文法解説「~ついでに」

N3文法解説「~ついでに」
たのすけ
たのすけ
N3文法「~ついでに」の説明です。

 

用法

接続

V辞書形/た形・Nの+ついでに

 

意味

  • 何かをするときに、その機会を利用して他のことも一緒にするときに使う。

 

例文

  • スーパーへ行くついでに、銀行でお金をおろす。
  • 自分のお弁当を作るついでに、彼のお弁当も作っている。
  • 東京に出張に行ったついでに、大学の友達にも会った。
  • 散歩のついでに、コンビニに行く。
  • 映画のついでに、買い物しない?

 

注意事項

  1. 「~ついでに」の前はメインの行動で、後ろは追加のサブ的な行動。
  2. 「た形」を使った場合は動作の前後関係は明確だが、辞書形の場合は動作の前後関係はあいまいになる。

 

類似文型との違い

~がてら

  • 古い言い方。
  • 「~ついでに」との違いは、「~がてら」は後件も目的。(例)スーパーに行きがてら、銀行でお金をおろす。(スーパーに行くことも銀行でお金をおろすことも目的)

 

たのすけ
たのすけ
では!「~ついでに」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村