JLPT文法分析

N3文法解説「~とか」

N3文法解説「~とか」
たのすけ
たのすけ
N3文法「~とか」の解説です。

 

用法

接続

V辞書形・N+とか(~とか)

たのすけ
たのすけ
「~とか」だけじゃなく、「~とか~とか」の形でも大丈夫です。

 

意味

  • 例を出すときに使う。

 

例文

  • 新しいコートとか買いたい。
  • チョコレートとかクッキーとかのお菓子が好きだ。
  • 中国語とか日本語とかといった漢字がある言葉は難しい。
  • 休みの日は、よく買い物に行くとか映画を見るとかしている。
  • 日本語が上手になりたいなら、たくさん話すとか日本のドラマを見るとかしたほうがいいですよ。
たのすけ
たのすけ
青いマーカー部分に注目!注意事項の③を見てください。

 

注意事項

  1. 話し言葉。
  2. 目上の人に使うと失礼になる。
  3. 同じような例を挙げるときに使う。(例)私はチョコレートとかとかが好きだ。✕(チョコレートと犬はカテゴリーが違うので違和感)
  4. 後ろに名詞が続く場合は「~とか~とかのN」「~とか~とかいうN」「~とか~とかといったN」になる。

 

類似文型との違い

~や~など

  • 例を挙げるときに一番よく使われる言い方。
  • 「~とか」との違いは、「~や~など」は名詞にしか接続することができない。

 

~たり~たり

  • よく使われる言い方。
  • 「~とか」との違いは、「~たり~たり」は動詞にしか接続することができない。

 

~だの~だの

  • 否定的なニュアンスになる。(話し手の不満や非難の感情が含まれる)(例)私の主人はタバコだのお酒だのが好きなんです。

 

~やら~やら

  • 感情がいろいろあって、「大変だ」「複雑だ」と言いたいときに使う。(例)うれしいやら悲しいやらよくわからない気持ちだ。
  • 物がたくさんあって、整理されていない状態を言うときに使う。(例)田中さんの部屋は本やらやらが床に置いてあって、歩けない。

 

たのすけ
たのすけ
例を挙げる言い方はたくさんあります。では!「~とか」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村