JLPT文法分析

N3文法解説「~っぱなし」

N3文法解説「~っぱなし」
たのすけ
たのすけ
N3文法「~っぱなし」の説明です。 意味は2つあります。

 

用法①

接続

Vます形+っぱなし

 

意味

  • ~したままだ。
たのすけ
たのすけ
何かをした後にそのまま放置しているときに使います。

 

例文

  • 息子は服を脱いだら脱ぎっぱなしだ。
  • 靴は脱ぎっぱなしにしないで、そろえましょう。
  • 大変!窓を開けっぱなしにして出かけちゃった。
  • 物を使ったら出しっぱなしにしないで、元の所に戻してください。

 

注意事項

  1. 話し言葉。
  2. 意志動詞につく。
たのすけ
たのすけ
話者がマイナスに思っているときに使います。

 

類似文型との違い

~まま

  • 意味は「~の状態で」
  • 「AっぱなしB」と「AままB」では視点が異なる。(例1)電気をつけっぱなしで寝てしまった。←話者は電気をつけたままにしたことに視点があり、その行為にあきれている。 (例2)電気をつけたまま、寝てしまった。←つけた状態に視点がある。

【参考】~まま

 

用法②

接続

Vます形+っぱなし

 

意味

  • ずっと~している。
たのすけ
たのすけ
ある状態がずっと続いていることを表します。

 

例文

  • ホールの仕事は立ちっぱなしなので、大変です。
  • 家にいるときは、いつもテレビをつけっぱなしにしている。
  • 田中さんはカラオケに行ったらマイクを放さない。もう2時間歌いっぱなしだ。
  • 今年は負けっぱなしだ。次の試合は勝ちたい!

 

注意事項

  • 話し言葉。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~っぱなし」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村