JLPT文法分析

N2文法解説「~がたい」

N2文法解説「~がたい」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~がたい」の説明です。

 

用法

接続

Vます形+がたい

 

意味

  • ~することが難しい。
  • ~できない。

 

例文

  • 人をいじめるのは許しがたい
  • 高校生が親を殺すニュースを見た。信じがたいことだ。
  • 田中さんはあまり好きではない。田中さんと恋人になるのは想像しがたい
  • 日本留学は私にとってがたい経験だ。
  • どちらの絵もいいので、甲乙つけがたい
たのすけ
たのすけ
「得がたい」「甲乙つけがたい」 は慣用句的な言い方です。

 

注意事項

  1. 書き言葉。
  2. 心の動きや発言に関わる動詞と一緒に使う。(例)想像する、理解する、信じる、許す、言う、受け入れる。
  3. 「心情的に不可能」であって、「能力的・物理的に不可能」の場合は使えない。(例1)中国語が(✕読みがたい 〇読めない) (例2)鍵を忘れたので(✕入りがたい 〇入れない

 

類似文型との違い

~にくい

  • 「~がたい」は書き言葉だが、「~にくい」は書き言葉も話し言葉もどちらでの可能。
  • 「~がたい」がしようと思ってもできないことに使うが、「~にくい」はしようと思えばできるが、するのが難しいときに使う。(例)この鉛筆は短すぎるので、(✕持ちがたい 〇持ちにくい)←短くても持ているので、「~がたい」は違和感。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~がたい」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村