JLPT文法分析

N2文法解説「~にかかわりなく/~にかかわらず」

N2文法解説「~にかかわりなく」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~にかかわりなく/~にかかわらず」の説明です。

 

用法

接続

N+にかかわりなく/かかわらず

Vるかどうか・VるVない+にかかわりなく/かかわらず

たのすけ
たのすけ
「~にかかわになく」より「~にかかわらず」の方が硬い言い方です。

 

意味

  • ~に関係なく。

 

例文

  • 値段にかかわりなく、新しいiPhoneが発売したら買うつもりだ。
  • このバスは距離にかかわらず、どこまで行っても200円だ。
  • パーティーに参加するかどうかにかかわりなく、連絡してください。
  • 雨が降る降らないにかかわらず、サッカーの試合は行われる。
  • 飲み放題は飲む飲まないにかかわりなく、全員お金を払う。
たのすけ
たのすけ
青いマーカーに注目!注意事項を見てください。

 

注意事項

  • 幅のある言葉(距離、金額、大きさ、天候など)や、対立する言葉(飲む⇔飲まない、多い⇔少ない、有無など)につく。

 

類似文型との違い

~を問わず

  • 「~を問わず」の接続はNのみ。
  • 「~かかわらず」は「~に関係なく、とにかく~」と後ろを強める。(例)値段(〇にかかわらず △を問わず)、新しいiPhoneが発売したら買うつもりだ。←「~にかかわらず」のほうがm「新しいiPhoneを買う!」という気持ちが強い。

【参考】~を問わず

 

たのすけ
たのすけ
では!「~にかかわりなく/~にかかわらず」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村