JLPT文法分析

N2文法解説「~たとたん」

N2文法解説「~たとたん」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~たとたん」の説明です。

 

用法

接続

Vた形+とたん

 

意味

  • ~した瞬間に
  • ~したのと同時に

 

例文

  • 椅子から立ったとたん、めまいがした。
  • 激辛カレーを食べたとたん、汗が出てきた。
  • ロミオとジュリエットは出会ったとたん、恋に落ちた。
  • 夏は窓を開けたとたん、蚊が入ってくる。

 

注意事項

  1. 後件に意志表現はとれない。(例)家に(✕帰ったとたん 〇帰ると)、シャワーを浴びた。
  2. 後件には意外な内容がくる。
  3. 瞬間動詞や変化を表す動詞につく。
たのすけ
たのすけ
例文を見ると、後件はどれも予想していなかったことですね。(②)

 

類似文型との違い

~なり

  • 意味は「~すると同時に」で同じ。
  • 「~たとたん」との違いは、「~たとたん」は話者の主観が入るので、実際に時間がすぐでなくても使うことができるが、「~なり」はすぐじゃないと使えない。(例)結婚(〇したとたん △するなり)冷たくなった。←結婚してすぐに冷たくなったかどうか、話者の主観によるので、「~なり」は違和感。

 

~次第

  • 意味は「~したら、すぐ」
  • 「~たとたん」」との違いは、「~次第」は意志表現をとることができる。(例)メンバーが(✕集まったとたん 〇集まり次第)、出かけましょう。

 

~か~ないかのうちに

【参考】~か~ないかのうちに

 

~(か)と思うと/~(か)と思ったら

【参考】~(か)と思うと/~(か)と思ったら

 

たのすけ
たのすけ
では!「~たとたん」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村