JLPT文法分析

N2文法解説「~際(に)」

N2文法解説「~歳(に)」
たのすけ
たのすけ
N2文法「~際(に)」の説明です。

 

用法

接続

V辞書形/た形・Nの+際(に)

 

意味

  • ~とき
  • ~機会に

 

例文

  • 電車から降りる、足元にお気を付けください
  • 東京を訪れた際に、大学の友達に会っ
  • パーティー会場で受け付けの際に名前を言ってください
  • 地震の際は、走らないで外に出てください
  • 私の国へ遊びに来た際には、案内するので連絡してください
たのすけ
たのすけ
青いマーカーに注目!注意事項②を見てください。

 

注意事項

  1. 硬い言い方。
  2. 後件には「~ください」や過去形が来ることが多い。
  3. 「~際」「~際に」「~際(に)は」「でニュアンスが違う。「際」はいつも、「際に」は1回の出来事で使うことが多い。「~際(に)は」は”特に”その時を取り上げて何かを述べる気持ちが入る。
たのすけ
たのすけ
「~際」は「に」と「(に)は」があるとき、ないときで微妙にニュアンスが変わります。私たちは気づかないうちに、使い分けているんですね。

 

類似文型との違い

~とき

  • 「~とき」より「~際(に)」のほうが硬い言い方。
  • 日常生活の場面では「~とき」を使う。(例)家に帰った(✕際 〇とき)、「ただいま」と言います。←日常のことなので、「~とき」を使う。

 

~おり(に)

  • 意味は「~とき/~機会に」で「~際(に)」と同じが、「たまたま起こる」というニュアンスがある。(例)電車から降りる(〇際 ✕おりに)、足元にお気を付けください。←電車から降りるころが「たまたま起こる」ことではないので、違和感。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~際(に)」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村