JLPT文法分析

N2文法解説「~か~ないにかのうちに」

N2文法分析~か~ないかのうちに
たのすけ
たのすけ
N2文法「~か~ないかのうちに」の説明です。

 

用法

接続

V辞書形/た形+か+Vない形+かのうちに *同じ動詞を使う。

意味

  • ~するのとほぼ同時に。
  • ~が起こったすぐ後に、次のことが起こる。

 

例文

  • 20分ジョギングするしないかのうちに、足が痛くなってきた。
  • 映画が終わった終わらないかのうちに、映画館を出た。
  • 息子は部屋の掃除がおわった終わらないかのうちに、遊びに出かけてしまった。
  • 遊園地に着いた着かないかのうちに、写真を撮り始めた。

 

注意事項

  • 実際に起きたことに使うので、後件に意志や依頼、否定文はできない。(例)✕私の家に着くつかないかのうちに、連絡してください。←「~ください」は依頼なので一緒に使えない。

 

類似文型との違い

~たとたん

  • 「~たとたん」とはニュアンスが異なる。「~たとたん」が「~が終わってすぐ」の意味が強いが、「~か~ないかのうちに」は「終わると同時に」の意味になる。(例)空が光った(〇か光らないかのうちに 〇とたん)、雷が鳴った。←「~か~ないかのうちに」なら、光ったのと雷は同時だが、「~とたん」は光ったあとすぐ雷が鳴った意味になる。

【参考】~たとたん

 

たのすけ
たのすけ
では!「~か~ないかのうちに」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村