JLPT文法分析

N3文法解説「~わけではない」

N3文法解説~わけではない
たのすけ
たのすけ
N3文法「~わけではない」の説明です。

 

用法

接続

普通形+わけではない *なA~だ→な/である、N~だ→の/である

 

意味

  • 決して/特に/全部~ではない。(部分否定)

 

例文

  • お金に困っているわけではないけど、旅行のために節約している。
  • 怒っているわけではない。もともとこんな顔なので、仕方がない。
  • この映画は有名なわけではないが、おもしろい。
  • 彼のことを嫌いなわけではないけど、好きじゃない。
  • 雑誌で紹介されていたが、このレストランは特別おいしいわけではない
  • いつも電話に出られるわけではないので、LINEして。

 

類似文型

~というわけでない/~のではない

  • 「~わけではない」と同じ意味。(例)お金に困っている(〇わけではない 〇というわけではない 〇のではない)けど、旅行のために節約している。
たのすけ
たのすけ
「~」の部分が長いときは、「~というわけではない」を使ったほうがいいです。「~わけではない」「~というわけではない」「~のではない」は3つとも接続が違うので注意!

 

~とは限らない

  • 意味は「必ず~とは言えない」 (例)お金持ちがみんな幸せであるとは限らない

【参考】~とは限らない

 

たのすけ
たのすけ
では!「~わけではない」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村