JLPT文法分析

N3文法解説「~かわりに」

N3文法分析~かわりに
たのすけ
たのすけ
N3文法「~かわりに」の説明です。

 

 

用法

接続

V・A普通形+かわりに *なA~だ→~な

 

意味

  • ~ということもあるが、反対に…ということもある。
  • いつもしている~をしないで、…をする。
たのすけ
たのすけ
最初の意味は「プラスのこともあるけど、マイナスのこともある」という意味です。+と-が逆の場合もありますね。

 

例文

  • 都会の生活は楽しいかわりに、生活費も高い。
  • この仕事は大変なかわりに、給料も高い。
  • このアパートは家賃が安いかわりに、部屋も古くて狭い。
  • 毎朝ご飯を食べるが、今日はご飯を食べるかわりに、パンを食べた。
  • 英語を教えてもらうかわりに、日本語を教えている。
  • デザートを食べるかわりに、コーヒーを飲んだ。
  • 私は夜早く寝るかわりに、朝早く起きて勉強している。

 

注意事項

  • ~かわりに」を使うときは、同程度のものや同程度の価値のものがくる。(例)デザートを食べるかわりにテレビを見た。←”デザート”と”テレビ”はカテゴリーが違うので、違和感がある。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~かわりに」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村