JLPT文法分析

N3文法解説「~に対して」

N3文法解説~に対して
たのすけ
たのすけ
N3文法「~に対して」を説明します。意味は2つあります。

 

用法①(対比)

接続

N+に対して

普通形+のに対して *なA・N~だ→~な/~である

たのすけ
たのすけ
「のに対して」の「の」を忘れがちなので注意!Nは「の」がなくてもいいです。

 

意味

  • ~とは対比的に。(2つの違いをはっきり表す)

 

例文

  • 彼は料理が得意なのに対して、私は料理が全然できない。
  • 田中さんは髪が長いのに対して、鈴木さんは髪が短い。
  • 父は厳しいのに対して、母は優しい。
  • 昨日は大雨が降ったのに対して、今日はとてもいい天気だ。
  • 姉は静かなのに対して、妹はうるさい。
  • ゲームばかりしている兄に対して、弟はいつも勉強している。

 

用法②(対象)

接続

N+に対して

 

意味

  • 人に向かって直接、行動や気持ち、態度を表すときに使う。

 

例文

  • お客様に対して丁寧な言葉を使う。
  • 彼は誰に対しても優しい。
  • 成績が一番の人に対して奨学金が出ます。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~に対して」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村