JLPT文法分析

N3文法解説「~一方(で)」

N3文法解説~一方
たのすけ
たのすけ
N3文法「~一方(で)」を説明します。意味は2つあります。

 

用法①「~だが、同時に別の面で…」

接続

普通形+一方(で) *なA~だ→~な/~である、N~だ→~である

 

意味

  • ~だが、同時に別の面で…。

 

例文

  • 田中さんはサッカーが得意な一方、野球も得意だ。
  • キムさんは日本語が話せる一方で、英語も話せる。
  • 鈴木さんは歌手である一方、俳優でもある。
  • 会議では自分の意見を言う一方で、他の人の意見も聞かなければならない。

 

用法②「~だが、逆に…の面もある」

接続

普通形+一方(で) *なA~だ→~な/~である、N~だ→~である

 

意味

  • ~だが、逆に…の面もある。(対比)

 

例文

  • 田中さんはサッカーが得意な一方、野球が苦手だ。
  • 日本の生活は楽しい一方で、大変なこともある。
  • 母は優しい一方で、怒ると怖い。
  • アメリカ旅行を楽しみにする一方、英語が話せなので心配もしている。

 

注意事項

  • 「一方」の用法②は「~反面」と同じ意味なので、置き換え可能。(例)田中さんはサッカーが得意な(〇一方 〇反面)、野球が苦手だ。
たのすけ
たのすけ
「反面」に用法①の意味はないので、①の場合は置き換えができません。

【参考】~反面

類似文型との違い

~一方だ

  • 形が似ているだけで、文法の意味は違う。(意味:ますます~という状態になる)(例)日本語はだんだん難しくなる一方だ

 

たのすけ
たのすけ
では!「~一方(で)」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村