JLPT文法分析

N3文法解説「~反面」

N3文法解説~反面
たのすけ
たのすけ
N3文法「~反面」の説明です。

 

用法

接続

普通形+反面 *なA~だ→~な/~である *N~だ→~でる

 

意味

  • ~だが、逆に…の面もある。(対立的な両面を言う時に使う)

 

例文

  • 母は優しい反面、怒ると怖い。
  • 一人暮らしは自由な反面、さびしい時もある。
  • 田舎は物価が安い反面、交通が不便だ。
  • 来年からの大学生活を楽しみにする反面、不安な気持ちもある。
  • 娘が結婚するのはうれしい反面、さびしさもある。

 

注意事項

  1. 前件で目立つことや表面的なことを述べ、後件で内面的なことや気づきにくいことを言うことが多い。
  2. ある事柄で両極的な2つの面があることを言う。
たのすけ
たのすけ
先に大きい部分を言って、次に細かい部分を指摘する感じです。

 

類似文型との違い

一方で

  • 「~反面」と同じ意味で使えるが、「~一方」は対立する関係でなくでも使える。(例)田中さんは母である(〇一方 ✕反面)で、医者でもある。

【参考】~一方(で)

 

たのすけ
たのすけ
では!「~反面」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村