JLPT文法分析

N3文法解説「~間(に)」

N3文法解説~間(に)
たのすけ
たのすけ
N3文法「~間(に)」を説明します。

 

用法

接続

Nの・V辞書形/ている形/ない形+間(に)

 

意味

  • A間B:Aの状態が続いているとき、ずっとBする/ずっとBの状態だ。
  • A間にB:Aの状態が続いているときに、Bする/Bが起こる。
たのすけ
たのすけ
「に」があるときとないときで意味が変わるから注意!

 

例文

~間

  • 独身の、ずっと一人暮らしをしていた。
  • 母が料理を作る、テレビを見て待っていた。
  • 旅行で留守の、友だちにペットの世話をお願いした。
  • 友だちが勉強している、私はゲームをばかりしていた。

 

~間に

  • 大学生の間に、海外旅行へ行きたい。
  • シャワーを浴びている間に、友達からLINEが来ていた。
  • 最初は好きじゃなかったが、付き合っている間に、好きになった。
  • 旅行で留守の間に、泥棒に入られた。

 

注意事項

  • A間B」のBには継続的なことが入るが、「A間にB」のBは瞬間的なことがはいる。

(例1)母が料理を作る(〇間 ✕間に)テレビを見て待っていた。→テレビを見て待っているのは継続する動作

(例2)母が料理を作る(✕間 〇間に)遊びに出かけた。→遊びに出かけるのは瞬間動作

 

類似文型との違い

~うちに

  • ある状態や動作が続く時間の幅を表す場合は置きかえ可能。(例)本を読んでいる(〇間に 〇うちに)眠ってしまった。

【参考】~うちに

 

たのすけ
たのすけ
では!「~間(に)」は以上です。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします。

日本語ランキング
にほんブログ村 外国語ブログ 日本語(外国語)へ
にほんブログ村